「不妊治療」カテゴリーアーカイブ

心疾患は不妊治療の大敵

肺などにとんでもない不安材料がないとしても、胸痛が発生することもあり、胸痛は恐ろしいという信じ込みから、輪をかけて症状が強烈になることがあると言われます。
胸を抑えつけられるような症状のみならず、息切れに見舞われたことがあるというなら、「心不全」の公算が高いです。重篤な病気なのです。
動脈は年齢と共に老化し、段々と弾力性が乏しくなり、硬くなることが判明しているのです。わかりやすく言うと、動脈硬化は老化現象だと言えるわけですが、その実情は個人によりバラバラです。
膠原病については、いろいろな病気を指す総称だそうです。病気それぞれで、重症度であるとか治療方法が異なりますが、本質的には臓器を組成している細胞の、イレギュラーな免疫反応が元凶だろうと言われています。
本当のことを言うと比較的周知されていませんが、ぜんそくの危険なのは、生命を失ってしまうリスクのある病であるからです。1年間で、大体2000人の人が、ぜんそくの発作で命を無くしていると公表されています。
心臓疾患内におきましても、動脈硬化が原因で起こる虚血性心疾患は、着実に増えてきており、その代表症例の急性心筋梗塞は、5人に1人が亡くなるとのことです。
膠原病が女性のみなさんに多く生じるのは、女性ホルモンが影響しているからと言われているそうです。だけども、男性の方々が発症するケースが過半数を占めるという膠原病も存在します。
吐き気ないしは嘔吐の主原因と言いますと、ひどくない胃潰瘍だとかめまいなど、リスクの高いものではないものから、くも膜下出血に代表される死と隣り合わせの様な病気まで、いろいろあるのです。
甲状腺に伴う疾病は、男女の罹患率に大きな差があり、女の人からしたら、バセドウ病などは男の人の5倍くらいだそうです。その為、甲状腺眼症の場合も女の人が気を付ける対象に入れて欲しい疾病だと思われます。
運動もせず、酒が好きでたまらず、コレステロールの多いメニューが大好きな人、ほとんど脂肪分と言えるような高カロリーな食品を摂取することが多い方は、脂質異常症に陥ってしまうと指摘されています。
高血圧になっていても、自覚症状がないのが普通です。ですが、高血圧状態が長期化すると、その影響をまともに受けてしまう血管又は臓器には、多数の合併症が誘発されます。
昔はアトピー性皮膚炎は、幼い子供がなる疾病だと捉えられていましたが、今では、20歳オーバーの人でもたまに見かけます。的を射た治療とスキンケアに頑張れば、完治できる病気なのです。
どこにでもある咳に違いないと思っていたら、ビックリの病気に罹患していたということも否定できません。中でも病状がずっと変わらない場合は、専門病院を訪問するべきだと思います。
理想通りの時間帯に、電気を消して寝る準備をしているのだけれど、眠りに入れず、そのせいで、日中の生活の質が低下する場合に、不眠症だと言い渡されます。
深い睡眠、ノーマルなバランスの良い食生活を意識してください。きつ過ぎない運動は、代謝機能や呼吸・循環器系機能を向上させ、ストレスの減少に好影響を及ぼします。

妊娠サプリで偏頭痛がする場合

鼻水が出るという症状が何日も継続していませんか?顧みないでいるとなると、悪化の一途をたどって合併症に結び付いてしまう危険も否めません。気に掛かる症状が見られた場合は、病院を訪問すべきです。
花粉症患者さん向けの薬等々に組み込まれている抗ヒスタミン成分は、くしゃみや鼻水は抑制してくれますが、眠くなってしまうと言われます。この例のように、薬には副作用が見られるのです。
急性腎不全ですと、効き目のある治療を実施して、腎臓の機能を減退させた要素を排除してしまうことが適うのなら、腎臓の機能も以前に戻るのではないでしょうか?
身体を鍛えることもせず、毎晩飲み過ぎで、コレステロールの多い食品類が大好きな人、脂肪分や糖分で満たされた高カロリーなおかずばかりを摂取する人は、脂質異常症という病気になってしまうと言われています。
糖尿病のレンジにはないが、正常値の範囲にも収まらない血糖値を境界型と言われます。境界型は糖尿病には入りませんが、いつか糖尿病と化してしまうリスクが否定できない状態だという意味です。
腹部近辺が膨れ上がるのは、十中八九便秘とかお腹にガスが溜まるからだと聞きました。このようになる要因は、胃腸がその機能を十分に発揮していないからなのです。
現段階では医療技術もレベルアップし、いち早く治療に取り組むようにすれば、腎臓自体の機能の衰えを阻んだり、遅延させたりすることが叶うようになったそうです。
特定保健用食品(トクホ)ばかりか、豊富にあるサプリや健康食品類は、みんな「食品」の中に含まれ、ちょっと見はわからなくても薬ではないので、ご注意ください。
胃がんができた場合は、みぞおちの辺りに鈍痛が出るのが通例です。総じてがんは、初期の頃は症状を自覚できないことが普通なので、見落としてしまう人がたくさんいるのです。
同じとしか考えられない咳だろうと、寝ている最中に何度も何度も咳を繰り返す人、運動したと思ったら急性的に咳に見舞われる人、気温の低い家の外で咳に悩まされるという方は、命にも関係する病気である可能性が高いです。
見る物すべてが屈曲して見える白内障あるいは加齢黄斑変性など、大方年齢が原因だと認識されている目の病気はいろいろ見られますが、女性陣によく発症するのが甲状腺眼症だそうです。
少子高齢化によって、まったく介護を職業とする人が全然足りていない日本におきまして、今から一段とパーキンソン病患者が膨らんでいくというのは、危機的な案件になるに違いありません。
ウイルスからすれば、冬期間は格別な環境状態。感染しやすくなるのは言うまでもなく、空気中の湿度が下がると、ウイルスの水分もなくなって比重も下がりますから、空気中に浮遊することが多くなり、感染してしまう人も増加するというわけです。
糖尿病と言いますと、インスリンの分泌がほとんどない「1型糖尿病」も存在するわけです。この疾病は自己免疫疾患のひとつとされており、遺伝が色濃く関与しているとされています。
たくさんの女性が悩んでいるのが片頭痛なのです。除去できない痛みは、心臓の鼓動とシンクロするようにやって来ることが多々あり、5時間~3日程持続するのが特色だと言われています。

不妊治療に対する医薬品の認識

医薬品という物は、病気で痛む所を鎮静したり、その原因を解消することで、自然治癒力を援助してくれるのです。その上、病気の流行対策などのために提供されることもあると聞いています。
人間の身体は、各人異なるものですが、ゆっくりと年を重ねていくものですし、身体的機能性も落ち込み、免疫力なども低下して、やがて何らかの病気に罹って一生を閉じるわけですね。
バセドウ病に罹っている方の90%ほどが女性のみなさんで、40代半ば~50代半ば世代の方に降りかかる病気だということと、急に手足が冷えるようになったことから、更年期障害だと判断されてしまうことがかなりある病気だと言われています。
喘息と言えば、子どもに発生する疾病だと考えているかも知れないですが、現在では、成人になった以降に症状が出てくる事例が目立ち始めていて、30年前と比べると、驚くなかれ3倍に増えています。
脳卒中で倒れた時は、治療が完了して直ぐのリハビリが何よりも大切です。兎にも角にも早い時期にリハビリに向き合うことが、脳卒中を引き起こした後の回復を決めると言えます。
医療用医薬品の場合は、医師が示した日にち内に全て使う必要があります。薬局などで売っている医薬品は、取説に載っている使用期限をチェックしてください。未開封だったら、原則的に使用期限は3~5年になります。
健康体である内は、健康の大切さは分からないのではないでしょうか。健康の大切さについては、病気に罹って、その結果理解できるのだろうと思います。健康に生活できるというのは、格別に嬉しいことですね。
諸々の症状が現れる中で、胸に痛みを感じる時は、生命に直結する疾病に襲われていることが多いとのことですから、すぐに医者に行った方がいいでしょう。いつごろ痛みが出始めたのか、痛みを感じる部位とそのレベルなど、きちんと病院の先生に申し伝えることが必要です。
糖尿病と申しますと、インスリン生成がほとんど望めない「1型糖尿病」もあります。こちらの方は自己免疫疾患のひとつとされており、遺伝的な要因が相当の確率で関係していると言われています。
同一の咳でも、就寝中に断続的に咳に見舞われる人、運動に頑張った後に突如咳が頻発する人、気温の低い場所で咳がしきりに出て苦しいという方は、重大な病気を疑うべきです。
不意に足の親指のような関節が腫脹して、とんでもない痛みに襲われる痛風は、男の人に多く見られる病気のようです。発作が出ますと、しばらく歩行できないくらいの痛みが続いてしまいます。
身体というのは、体温が下がると組織の代謝活動が衰退状況となり、ウイルスを倒す免疫力が低下します。はたまた、夏と比較して水分を摂るという習慣がないため、体内の水分量も十分ではありません。
筋肉の緊張とか頭部の血管が拡張されるようなことがありますと、頭痛を引き起こします。それに加えて精神的な平穏状態、ライフサイクルなども引き金となり頭痛に繋がることが多いですね。
腸または胃の機能が衰える原因は、病気はもとより、運動不足・体調不良、プラス、ストレスです。その他、絶対に原因だと言われているのが、「暴飲暴食」みたいです。
色んな所に存在するドラッグストアなどを覗くと、とんでもない数のサプリメントが並んでいますが、必要な栄養成分はそれぞれで違っています。ご自身は、己に不可欠な栄養素を認識していますか?

膠原病と不妊治療

突如として足の親指などの関節が腫れあがって、激しい痛みに見舞われる痛風は、男性のみなさん中心におきる疾病だと教えられました。発作が発生すると、3日くらいは我慢できないくらいの痛みが続いてしまいます。
脳に傷を負うと、吐きたくなったり我慢しきれないくらいの頭痛などの症状が、一緒になって見て取れることがほとんどだと言われます。何となく恐いと言われる方は、専門医で診察を受けるべきです。
身体を鍛錬する気もなく、暴飲暴食が日常茶飯事で、コレステロールの多いメニューばかりを摂る人、糖分や脂肪分に富んだ高カロリーな食物類を摂取することが多い方は、脂質異常症になってしまうと考えられます。
腹が張るのは、十中八九便秘ないしはお腹の内部にガスが蓄積されるからなのです。このような症状が発生する原因は、胃腸がちゃんと稼働していないからだとされています。
普段よくする咳だと信じていたのに、思い掛けない病気でしたということも否定できません。そのうちでも病態が一向によくならない状態なら、専門医で診てもらうべきでしょう。
糖尿病と言いますと、インスリン生成が期待できない「1型糖尿病」も存在します。この疾病は自己免疫疾患だとされていて、遺伝的素因が絶対的に影響しているそうです。
咳については、喉周辺に集積されてしまった痰を処理する作用をしてくれます。気道の粘膜は、線毛と呼ばれている細い毛と、表面を覆い尽くす粘液が存在し、粘膜を護っているのです。
正しい時間帯に、目をつぶっている場合でも、熟睡することができず、このことより、昼日中の生活の質が下がるような場合に、不眠症だと宣告されます。
飲む薬がナチュラルに持ち合わせている本質や、患者さんの実態が要因で、規定通りに用いても副作用が見られることもあり得るのです。この他には、予想できない副作用が発生することも時々あるのです。
痒みが生じる疾病は、豊富にあるとのことです。爪で引っ掻くと酷くなりますから、なるだけ辛抱して、一日も早く専門病院に足を運んで手を打つことです。
睡眠障害については、睡眠に関連する病すべてを多岐に亘り指し示す言葉で、夜の睡眠が損なわれてしまうもの、昼の間に眠りに誘われてしまうものもその1つです。
吐き気あるいは嘔吐の原因につきましては、軽症の胃潰瘍とか立ち眩みなど、そこまで意識する必要の無いものから、くも膜下出血に代表される危険を伴う病気まで、一様ではありません。
ノロウイルスがファクターとされる食中毒などは、色んな場所で発生しているみたいですが、特に冬の時季に多く見られます。人の手指を通して口から口へ移り、腸内で増えるということです。
膠原病と言いますと、多種多様な病気を意味する総称なんだそうです。病気それぞれで、重症度であるとか治療方法も違って当たり前なのですが、基本として臓器を組成している細胞の、異常性のある免疫反応によるものだと指摘されています。
低血圧状態の人は、脚もしくは手指などの末端部分に位置する血管の収縮力が落ち込んで、血液循環にも悪影響を与えるそうです。結果的に、脳に運ばれる血液量も減少すると聞かされました

妊活サプリの危険性も認識しておこう

胃がんに罹ると、みぞおち周辺に鈍痛が出るのが通例です。総じてがんは、初期段階では症状が明確には出ないことが一般的なので、自覚しないままで過ごす人が多数いるわけです。
運動をする機会もなく、どうしても食べ過ぎてしまい、コレステロールの多い食物類が好きで好きでたまらない人、脂質が多量に入っている高カロリーな食品類を好んで食べる人は、脂質異常症に見舞われてしまうと考えられます。
動物性脂肪を食べる機会が多くなったために、血管の内部に脂肪が付着するようになり、順々に血管を流れている血液が循環しなくなり、脳梗塞に罹るという流れが大半だそうです。
笑うことで副交感神経の働きが優位になり、ストレスホルモンの分泌が減少する影響で、脳の温度が低下することになります。その反対に、ストレスを受けますと交感神経の作用が一段と強まって、脳の温度がアップするそうです。
いかなる時でも笑いを忘れないことは、健康維持のためにも効果があります。ストレスの解消のみならず、病気予防にも効果的など、笑顔には想像以上の効果が盛りだくさんです。
いきなり運動をした時に、筋肉に痛みが齎されるという状況が、筋肉痛だとされます。どうかすると、運動はもとより、ほんのちょっと歩くことすら躊躇うくらいの痛みが出るのです。
膠原病につきましては、多彩な病気を指す総称だと言われます。病気に応じて、深刻度あるいは治療方法が違うものですが、原則として臓器を形作る細胞の、異常性のある免疫反応に問題があるそうです。
鼻で呼吸ができないという症状に悩んでいませんか?対策をしないでいますと、ますます悪くなって合併症に繋がる危険も否めません。心配な症状が見受けられたら、専門医にて相談しましょう。
腎臓病と言うのは、尿細管もしくは腎臓の糸球体が冒されてしまうことで、腎臓の性能が落ちる病気だということです。腎臓病には幾つもの種類があって、それぞれ起因ファクターや症状の現れ方に違いが見られます。
身体を動かして、多くの汗をかいた方は、応急的に尿酸値が上昇するのが通例です。そんな意味から水分を摂り込んでやらないと、血中の尿酸濃度が高いままになり、痛風の誘因になるのです。
疲労というと、痛みと発熱と併せて、人の三大警報などと指摘されることもあり、多様な病気にもたらされる病状です。そういう背景から、疲労症状が出る病気は、100以上にはなるそうです。
ひとりひとりに応じた薬を、専門の医師が提供すべき容量と期間を見極めて処方するのです、あなた自身が、勝手に服用する量を少なくしたり止めたりするようなことはしないで、全部飲み切ることが重要です。
低血圧に陥ると、脚はたまた手指などの末端部を走っている血管の収縮力が落ち込んで、血液循環も悪くなるのが通例です。簡単に言うと、脳に運ばれるべき血液量も減少してしまうことが想定されるのです。
バランスが失われた暮らし方は、自律神経をアンバランスにする大きなファクターであり、立ちくらみを発生させるのです。食事や就寝時間などは連日同じようにして、一日の行動パターンを守るようにしましょう。
健康な人は、健康の大切さを認識することは少ないはずです。健康の大切さに関しましては、病気になってようやくのことわかるようになるのでしょうね。健康に生活が送れるということは、何と言っても素晴らしいことだと感じます。

妊娠しやすい栄養素って?

実際的には意外と認知されていませんが、ぜんそくが恐れられているのは、生命を失ってしまうことがある傷病であることが明白だからです。1年の間に、約2000人の患者が、ぜんそくの発作で最後の時を迎えているとのことです。
エクササイズなどで、思いっ切り汗をかいたという時は、応急的に尿酸値がアップすることになります。そんな理由から水分をしっかり摂るようにしないと、血中の尿酸濃度が上がったままになり、痛風を引き起こしてしまいます。
深い睡眠、一定のバランスの良い食生活が最も重要です。ウォーキングなどの運動は、新陳代謝機能や呼吸・循環器系機能をアップさせ、ストレスを激減してくれます。
鼻呼吸ができなかったり、鼻の中から変な匂いがするといった症状が見られる蓄膿症。本当を言うと、風邪であるとか花粉症であるとかが誘因となって発症することもわかっている、みんなに可能性のある病気だと言えます。
どんな時も笑っているということは、健康のためにも役に立つはずです。ストレスの解消は勿論の事、病気の予防にも役立つなど、笑顔には考えられない効果が色々あります。
身体を鍛錬する気もなく、毎晩飲み過ぎで、コレステロールの多い料理ばかりを摂る人、脂質が多量に入っている高カロリーな食品類ばかりが食卓に並べられるという人は、脂質異常症に罹患してしまうと考えられます。
発見のタイミングが遅くなるほど、死亡する率がアップする肺がんのなによりのデンジャラス因子は煙草で、毎日タバコを吸う人が肺がんに罹患してしまう危険度は、タバコを吸わない人と比べて20倍近くと言われているようです。
無理をして下痢をストップさせると、身体の内部にウイルスあるいは細菌が残ってしまうことになり、症状がさらに酷くなったり長引いたりするように、本来は、咳を止めることはしない方が良いらしいです。
インフルエンザウイルスが体内に入ることで、陥ってしまう病気がインフルエンザです。関節痛だったり頭痛、高熱がなかなか下がらないなど、多種多様な症状が急に出てくるのです。
日本の人は、醤油とか味噌などをよく利用しますから、実際的に塩分を食し過ぎる傾向を否めません。その為に高血圧になって、脳出血へと進展する事例も少なくないとのことです。
バランスを崩した暮らしは、自律神経が機能しなくなる原因と考えられ、立ちくらみを発生させるのです。食事は勿論、横になる時刻なども変えないようにして、毎日の生活パターンをキープすべきです。
生活習慣病に関しましては、脂質異常症であったり高血圧などが典型例で、以前までは成人病と言われることがほとんどでした。カロリーの摂り過ぎ、のみ過ぎなど、どちらにしてもデイリーの食事のスタイルが殊の外影響しているということがわかっています。
動物性脂肪を摂り過ぎたために、血管壁に脂肪が蓄積されてしまう事態が起きて、だんだん血管を流れている血液が循環しなくなり、脳梗塞に冒されるという流れが多いらしいです。
何処にでもある薬局などに行ってみると、数えきれないくらいサプリメントが販売されていますが、不可欠な栄養素は一人一人異なるはずです。あなたは、自分に不可欠な栄養素を認識されていますか?
薬剤そのものは、病気の苦しさを和らげたり、その原因を解消することで、自然治癒力を援助してくれるのです。これ以外には、疾病の拡散予防などのために渡されることもあります。

睡眠障害は不妊治療の大敵

突如足の親指のような関節が腫れて、激しく痛む痛風は、男性の方が陥ることの多い疾病だと聞いています。発作が発生すると、数日は歩行できないほどの痛みが続いてしまいます。
ストレスの多い方は、別名「ストレス病」を発現しやすくなると指摘されます。ライフサイクルを変えてみるとか、価値判断を変えるなどして、できる範囲で常日頃からストレス解消を心掛けましょう。
胃がんが生じると、みぞおちを中心とした部位に鈍痛が出ることが多いです。概ねがんは、早い段階では症状を確認できないことが少なくないので、健康だと思い込んでいる人が多いのです。
体のどの部位にしても、異常はないのに、手や腕だけが腫れている方は、血管狭窄が元凶の循環器系の異常であったり一定の炎症が想定されます。
胸痛発作で苦しんでいる人が現れた時に求められることは、キビキビした動きに違いありません。直ちに救急車を手配し、AEDが近くにあるなら心肺蘇生法にトライすることが重要です。
鼻で呼吸ができなかったり、鼻の中から形容しがたい臭いがするといった症状が発生する蓄膿症。実際的には、花粉症になったことで発症することもわかっている、誰もがなりやすい病気だと言われます。
蓄膿症の場合は、直ぐに医者に行くことが求められます。治療そのものは簡単に済むので、変わった色の鼻水がしきりに出るなど、これまでとは違うと感じた場合は、躊躇なく治療に取り掛かりましょう。
喘息と聞けば、子どもに限った疾病だと考えているかも知れないですが、ここ数年は、成人になって以降に罹る事例が結構見受けられ、30年前と対比させてみると、驚いてしまいますが3倍にまで増えているのです。
医療用医薬品については、決まった期間内に全て服用することが要されます。市販の医薬品は、注意書にプリントされている使用期限をご覧ください。未開封だとすれば、大概使用期限は3~5年くらいだと想定されます。
心臓疾患の類の中でも、動脈硬化のために生じる虚血性心疾患は、段階的に増加してきているらしく、その内の急性心筋梗塞は、約2割の罹患者が亡くなるという報告があります。
睡眠障害というと、睡眠に関した病気全部を多岐に亘って指す単語で、夜の睡眠が損なわれるもの、白昼に眠気が襲ってくるものも対象です。
正しい時間帯に、布団で目をつぶっているというのに、深い眠りに入れず、そんなわけで、昼間の生活の質が悪くなることがあると、不眠症だと診断が下ります。
アルコールが元凶の肝障害は、唐突に現れるわけではないとのことです。けれども、長期間深酒を続けていると、その量に匹敵するかのように、肝臓はダメージを負わされます。
腹部周辺がパンパンになるのは、十中八九便秘あるいは腹部にガスが溜まることが要因です。このような症状が発生する理由は、胃腸がきちんと機能していないからだと結論づけられています。
動物性脂肪を口に入れることが多く、血管壁に脂肪がくっ付いてしまうようになって、時間をかけて血管の内径が小さくなって、脳梗塞になるという流れがほとんどだと教えられました。

妊活には葉酸が必需品?!

結婚して何年も経つのですが、子どもができません。

最初のうちは夫婦2人で気ままな生活をと思っていたのですが、友達などまわりの人が次々と子どもができて幸せそうな様子を見ていたら、私たちも子どもが欲しくなってしまいました。

子どもって作ろうと思ってすぐにできるものではないんですよね。

簡単にすぐに子どもというものはできるものだと思っていたので、戸惑ってしまいました。

行為さえ行えば子どもはできるものだと思っていたのです。

そういう考え方は間違えでした。

おそらく、世の中には私たちのような認識をしている夫婦が多くいると思います。

子どもは作ろうと思って、すぐにできるものではないということを知ってもらいたいと思います。

子どもがずっとできなかったので、産婦人科に行ってみることにしました。

そこで、いくつかの質問事項に答えたところ、私たち夫婦は不妊だということがわかりました。

不妊という概念は、夫婦が1年以上子どもを望んでもできない状態を言うみたいです。

以前は2年以上だったようですが、最近1年という定義に変わったみたいです。

不妊だとわかってからは、ネットで不妊について色々調べる日々を送りました。

まさか自分たちが不妊と呼ばれるとは思ってもみなかったので、不妊と知ったショックは計り知れないものでした。

不妊症に効くというものは色々試してみることにしました。

その1つが葉酸です。

葉酸は妊活中の人には必需品だそうです。

妊娠中の人にも葉酸は必要なようですが。

葉酸をどうやって摂ろうかと考えて、私はサプリメントで摂ることにしました。

サプリメント

妊活には葉酸がいいということを知ってサプリメントを購入してからは毎日欠かさず葉酸を飲んでいます。

葉酸の効き目が出ているのかは今のところわかりませんが、飲まないより飲んだ方がいいと思い、気休め程度かもしれませんが、とにかく葉酸を飲んでいます。

最近では、妊活や妊娠中に葉酸が必要だという認識が広まったのか、葉酸のサプリメントは色々な会社から出ていて、葉酸のサプリメントを入手するのは比較的簡単でした。

やっぱり気休めかもしれませんが、飲まないより飲んだ方がマシです。

ということで、葉酸を頑張って飲んでいます。

不妊にはタバコは悪い影響でしかない

結婚して何年もするのに子どもに恵まれませんでした。

結婚して最初のうちは、まだ2人で楽しみたいという気持ちが強かったので、子どもができないようにしていました。

しかし、しばらくしてから、そろそろ子どもをという時に、なかなか子どもができないことに気が付きました。

「これはもしかして」という気持ちがよぎったので、産婦人科に行ってみることにしました。

女性でも産婦人科に行くというのは結構勇気がいるものなんですよね。

産婦人科に行くことはいまだに抵抗がある私です。

私の住んでいるところの近くには東京のように不妊治療専門のクリニックがあるわけではありません。

不妊治療専門のクリニックがあるのであれば、そこに行くのが1番の近道だと思うのですが、そういったクリニックがないので、産婦人科に行くしか方法がないんです。

産婦人科では不妊治療専門のクリニックのようなことができるわけではありません。

基本的には、基礎体温を毎日朝起きた時にはかって、排卵日を見極めて、そこで行為を行うといういわゆるタイミング法と呼ばれるものの指導ぐらいしかされません。

基礎体温を毎日朝つけるのは、結構大変です。

朝、起きて行動する前に体温を測らないといけないんです。

枕元に体温計を置いておかないといけません。

これが、朝起きて何かをしたいような時に起き上がってしまって動いてしまうと、正確な基礎体温を測ることは難しくなってしまいます。

基礎体温を測るだけでも、このように結構大変なんです。

産婦人科では不妊の人に対して色々指導は行われます。

産婦人科の先生から聞いた話によると、タバコはNGだそうです。

タバコ

女性はもちろんのこと、男性もタバコは精子によくない影響を与えるそうです。

私たち夫婦は幸いにもタバコを2人とも吸わないので良いのですが、それを聞いてからは、タバコを吸っている人を見かけると、距離を置くようにするようになってしまいました。

タバコは不妊の人にはよくないそうです。

タバコってそう考えると何1つとして良い影響は及ぼさないものなんですね。

不妊で悩んでいる方には今すぐにでもタバコはやめるようにしてもらいたいと思います。

 

不妊の私はとにかく体を冷やさないようにする

子どもって欲しいと思ったらすぐにできるものだとずっと思っていました。

でも違ったんですね。

そう簡単にできるものではないんですね。

赤ちゃんを抱いた女性

努力しないと子どもはできないということを身をもって知ることになってしまいました。

簡単にできる人もいるかと思いますが、私たち夫婦はそうではありません。

いわゆる不妊です。

不妊ということがわかるまでは時間がかかりました。

自分で、自分たちが不妊だと認めたくないというのもあったからだと思います。

でも、自分たちが不妊なんだということを理解したら、少しは気が楽になりました。

だから、子どもができないんだと。

不妊だとわかった以上は、不妊治療を行うのが近道だと思います。

本当なら不妊治療専門のクリニックに通うのが1番の近道だと思うのですが、残念ながら私の住んでいる近くには不妊治療専門のクリニックはありません。

産婦人科に通って、不妊の指導を受けるぐらいしか方法はないんです。

そのため、どうしたら子どもができやすくなるかなど、ネットなどで色々調べました。

私たちと同じように悩んでいる方は多くいるようで、少しは安心できました。

でも、安心できたからといって子どもができるわけではありません。

それを実行しないと意味がありません。

不妊の大敵は冷えだそうです。

体を冷やしてはいけないそうです。

私は冷え性なので、これがもしかしたら原因なのかもしれません。

そこで、夏でも体が冷えないように、エアコンの設定温度を高めにしたり、お尻を冷やさないようにするために毛糸の下着を重ね着したりなどの工夫をすることにしました。

下半身が冷えるというのは不妊の原因につながるそうです。

女性は下半身を冷やしてはいけないということをよく聞きますが、それはそういった意味でもあったんですね。

もっと早くそういったことを意識していれば、下半身を冷やさないようにしたのにと反省するばかりです。

飲み物も夏など暑いからといって冷たい飲み物ばかり飲むのはいけないそうです。

夏でも温かい飲み物を飲んで、体を冷やさないようにする工夫が必要なようです。

とにかく体を冷やさないようにするために、暑い夏でもお風呂に入って湯船につかるようにしています。

体を冷やさないこと、これが不妊症の人には必要なことのようです。

不妊の私が自分でできることとは

結婚してもう何年にもなりますが、子どもに恵まれません。

夫婦生活は普通の人と変わりないと思います。

でも、子どもができません。

女性と赤ちゃん

もう何年も子どもができないので、不妊だと思います。

不妊というのは女性だけでなく、男性にも原因があることがあるんですよね。

だから女性のせいだと思うのはやめるようにしています。

私が1人で、私のせいで子どもができないと背負い込んでしまうのは、重圧がかかってしまって精神的にやられてしまうからです。

夫ともそういったことについてよく話をしました。

不妊の原因は、女性だけでなく男性にもあることがあるということをです。

何度か話をしたら、夫もネットなどで不妊について調べてくれるようになって、男性にも不妊の原因があるということをようやく理解してくれるようになりました。

最初は、やっぱり夫はそういうことは受け入れられなかったみたいです。

女性に不妊の原因があると考えていたタイプの人だったので、夫が自分で調べるようになるまでには結構時間が必要でした。

不妊治療というのは、女性だけでなく夫婦で行うものだと私は思います。

たぶん、その考え方で合っていると思います。

不妊治療を本格的にしたいと思ってはいるのですが、私の住んでいる近くには不妊治療専門のクリニックというものがありません。

そこで仕方なく、婦人科に通って指導を受けています。

いつ行為を行うかどうかなど、基礎体温をつけていて、指導を受けています。

いわゆるタイミング法というものにあたると思います。

このタイミング法というものを今まで何回も試してきたのですが、それでも子どもはできませんでした。

やはり私か夫に不妊の原因があるのではないかと思っています。

でも、不妊治療専門のクリニックではないので、それ以上の治療をすることはできません。

そこで、ネットなどに不妊の人がするといいと言われているようなことを色々試してみることにしました。

最近は便利ですよね。

ネットに色々な情報が載っているので、それを参考にできますもんね。

不妊治療専門のクリニックに頼らずに、子宝に恵まれたという人の情報はとても参考になります。

とにかく、自分たちで何とかするしかないんです。