「不妊」カテゴリーアーカイブ

医療技術の進歩が不妊を解消してくれるのか?

現在では医療技術も開発が進み、一日も早く治療と向き合えば、腎臓の動きの低下を阻んだり、遅くなるようにすることが不可能ではなくなったそうです。
疲労というと、痛みと発熱と並んで、人体の3大注意報等と指摘されており、多様な病気で発生する病態です。そんな理由から、疲労が出る病気は、何百とあると考えられています。
立ちくらみというと、症状がひどいと、気絶してしまう場合もある深刻な症状だと言われます。再三起きる場合は、重篤な疾病になっている可能性もあります。
同一の咳でも、寝ている最中に何度も何度も咳を繰り返す人、運動したと思ったら突如として咳き込む人、気温の低い場所で咳が連続する人は、重い疾病である可能性が少なからずあります。
骨粗しょう症と言うのは、骨を形成する時になくてはならない栄養成分であるカルシウム・ビタミンDはたまたタンパク質などをきちんと摂取していないことや、飲酒喫煙とか日光浴不足などのせいで起きる病気だということです。
女性ホルモンにつきましては、骨密度を守ろうとする役目を担っていて、女性ホルモンの分泌が減退し始める60歳前に骨粗しょう症に罹患する人が増えると指摘されています。
薬品については、病気からくる熱を下げさせたり、その原因をなくすことで、自然治癒力の働きを最大化します。しかも、病気の予防などに活用されることもあると言われています。
適当なライフサイクルは、自律神経をアンバランスにする要因となり、立ちくらみを齎します。お食事や眠りに就く時刻なども常に同じにして、ライフサイクルを保持しましょう。
幾つもの症状がある中で、胸部近辺で痛みが起きる場合は、生命にかかわる病気に罹患していると考えるべきです。いつごろ痛みが出始めたのか、どの部分がどれくらい痛むのかなど、包み隠さず先生にお話することが必要不可欠です。
腸であったり胃の働きが減退する原因は、病気は勿論の事、運動不足・体調不良、且つストレスです。その他、確実に原因だと断定できるのが、「暴飲暴食」だと聞いています。
発見のタイミングが遅れてしまうほど、死んでしまう確率が高まる肺がんのなによりのデンジャラス因子はタバコで、毎日タバコを吸う人が肺がんに罹患する率は、煙草を吸っていない方と比較して、少なくとも5倍以上と公表されているそうです。
自律神経失調症と言うと、誕生した時から多情多感で、極度に緊張する人が罹患しやすい病気だと教えてもらいました。敏感で、考えるだけ無駄な事でも胸を痛めたりするタイプが大半を占めるそうです。
ここへ来て医学も進歩して、数多くある病気についても、研究はされています。とは言え、今でも回復しない方があまたいますし、恢復させることが困難な傷病がかなりあるというのも受け入れなければなりません。
脳疾患に襲われると、吐きたくなったりこれまでにない頭痛といった症状が、共時的に表出することが多いとされています。ちょっとでも心配な場合は、病院で受診することを推奨します。
バセドウ病の患者の90%程度が女の方で、アラフィフ世代に頻繁に現れる病気であるということと、手指が冷たくなったり鬱状態になったりすることから、更年期障害だと誤診されることが稀ではない病気らしいです。

腸内環境を良くして不妊を解消

腹が張るのは、お胸便秘とかお腹にガスが溜まることが要因です。こういった症状に見舞われる誘因は、胃腸が十分に動いていないからです。
使う薬が自然に持っている本性や、患者さん自体の体調によって、正常に使っても副作用がでることもあります。はたまた、思いもしない副作用が現れることもあり得るのです。
糖尿病が元凶となり高血糖状態のままでいるという方は、迅速に効果のある血糖コントロールを開始することがポイントです。血糖値が正常範囲に来れば、糖分も尿に出ることはなくなります。
一昔前までは成人病とも称されていた糖尿病であったり高血圧などの既往症があったりすると、その事が誘因で脳卒中に見舞われてしまうこともあるらしいです。日本人の25%と言われている肥満もその流れにあると考えられます。
単なる咳だという確信があったのに、危ない病気に襲われていたということもあるわけです。わけても症状が続いている場合は、専門医にて相談することが必須でしょう。
胸が重苦しい症状だけに限らず、息切れに見舞われたことがあるというようなら、「心不全」だと言えそうです。重篤な病気になります。
無理をして下痢を阻むと、体の中にウイルスであるとか細菌がステイすることになり、以前より酷い状態になったり長い間続いたりするのと同様に、原則的には、咳は止める必要がないと教えられました。
少子高齢化の影響で、現在でも介護を生業にする方が不足気味の日本におきまして、将来的にもっともっとパーキンソン病患者が増え続けていくというのは、根の深い課題になると思われます。
甲状腺にまつわる疾病は、男女の罹患率に開きがあって、女性から見ると、バセドウ病などは男の人の5倍くらいになるそうです。そういった理由から、甲状腺眼症につきましても女の人が意識してほしい疾病だと言えるでしょう。
痒みは皮膚の炎症がきっかけで出てくるものですが、心理的な状況も影響することが多々あり、心配事があったり硬くなることがあったりすると痒みがひどくなり、掻きむしってしまうと、一段と痒みが増すものなのです。
立ちくらみと申しますと、最悪の場合は、気を失ってしまうこともあるリスクのある症状だと考えられます。時折見舞われる時は、良くない病気に罹っている可能性もあるので注意してください。
空気の通り抜けが厳しいという症状が何日も継続していませんか?軽視していたりすると、悪くなって合併症が生じる可能性もあります。そういった症状に冒されたら、医者で診てもらった方が良いでしょう。
女性ホルモンと言いますのは、骨密度を維持する役目をしており、女性ホルモンの分泌が乏しくなり始める閉経する頃に骨粗しょう症になってしまう人が目立ってくると言われます。
近場の薬局などを眺めていると、膨大なサプリメントが陳列されていますが、もっと摂取すべき栄養成分はその人ごとに違います。あなたは、自分に足りない栄養をご存知ですか?
運動を行なうことで、相当量の汗をかいた時は、しばらくの間尿酸値が上昇することになっています。従って水分を補わないと、血中の尿酸濃度が高いままの状態になって、痛風を発症してしまうのです。

心臓病がある場合の妊活について

単に心臓病だと言えども、幾つもの病気があると言われていますが、それらの中でも昨今増加傾向にあるのは、動脈硬化が誘発する「心筋梗塞」だと教えられました。
健康だという人でも、身体の中に細菌が入ると、免疫力が格段に落ちることになります。生誕時から身体がひ弱かった人は、特に手洗いなどが不可欠です。
動物性脂肪を摂り過ぎたために、血管の内部に脂肪がくっ付いてしまうようになって、着実に血管を流れる血の巡りが悪くなり、脳梗塞を発症するというプロセスが大部分だとのことです。
闇雲に下痢を差し止めると、ボディー内部にウイルスとか細菌が残存することになり、症状がさらに酷くなったり長期間続いたりするのと同様に、本当のところは、咳が出る時は止めない方が良いと教えられました。
糖尿病が元凶となり高血糖状態のままでいるという方は、躊躇せず適正な血糖コントロールを講ずることがポイントです。血糖値が恢復すれば、糖分も尿から検出されなくなります。
鼻呼吸ができなかったり、鼻の中の方から悪臭がするといった症状が生じる蓄膿症。現実的には、風邪であるとか花粉症であるとかが誘因となって発症することもあると言われる、罹りやすい疾病だというわけです。
最近では医学も進歩して、多種多様な病気に関しましても、研究が継続されてきているのです。けれども、今でも元気を取り戻せない病気の人が大勢見られますし、治癒できない疾病がいっぱいあるというのも真実です。
一心不乱になってリハビリをやっても、脳卒中の後遺症から逃れられないこともあるのです。後遺症として数が多いのは、発語障害又は半身麻痺などだと聞きました。
理想的な時間帯に、寝る体制にあるのですが、眠りに入れず、そのせいで、日中の生活の質が落ち込んでしまうという時に、不眠症だと判断を下されます。
腸であったり胃の働きが落ち込む原因は、病気を始めとして、運動不足・体調不良、そして、これ以外ではストレスです。その他、100パーセント原因だと想定されているのが、「暴飲暴食」だと聞きました。
エクササイズなどを行った際に、筋肉に痛みが出てくる状況が、筋肉痛なのです。どうかすると、運動はもとより、単純に歩くことすら回避したいくらいの痛みが生まれることも少なくないのです。
数多くの女の人が苦労しているのが片頭痛だと聞きます。取り除くことができない痛みは、心臓の収縮と連動するようにズキズキすることが少なくなく、5時間~3日程断続するのが特色だと言われています。
動脈は加齢に伴って老化し、ちょっとずつ弾力性が損なわれ、硬くなるというのが現状なのです。端的に言えば、動脈硬化は老化現象に違いないのですが、その進行状況は個人により大きな差が出ます。
骨粗しょう症とは、骨の健康を維持する時に必要不可欠な栄養素であるビタミンD・カルシウムもしくはタンパク質などが満たされていないことや、日光浴不足もしくは運動不足などが元でもたらされる病気らしいです。
スポーツなどをして、気持ちいいくらい汗をかいた方は、しばらくの間尿酸値がアップするのが一般的です。そんな意味から水分を摂り込んでやらないと、血中の尿酸濃度が高いままの状態になって、痛風へと進展してしまうのです。

クラチャイダムが妊活に効果がある

私たち夫婦は結婚してもう何年にもなるのですが、子どもがいません。

結婚した当初は子どもなしで2人でしばらくは楽しんで暮らすことを考えていたので、子作りは積極的にすることはありませんでした。

でも、しばらくして、夫婦で話し合って、子どもをそろそろという話になって、いざ子どもを作ろうとしても何年も子どもができない状態に陥りました。

てっきり、子どもが欲しいと思って、行為をすれば子どもがすぐにできるものだと思っていたんですよね。

妊娠している女性

それが何年経ってもできないので、「あれっ」という感じになってしまいました。

ようやく「これはおかしい」ということに気が付いたんです。

「おかしい」と思って産婦人科に駆け込んだら、いわゆる不妊だったということがわかりました。

不妊というと女性に原因があるように思われがちですが、半分は男性に原因があるみたいです。

私たちの住んでいる場所の近くには不妊治療専門のクリニックがないので詳しいことはわからないのですが、産婦人科の先生には男性にも原因があるかもしれないということを指摘されてドキッとしてしまいました。

そこで、夫婦ともに、妊活をすることになりました。

夫婦2人で不妊に効果のあるといわれているものを試すことにしたんです。

子どもを作ろうと思ったら、女性だけでなく男性も努力する必要があるみたいです。

そこで、妊活に何がいいかをしらべたところ、クラチャイダム 妊活にいいことがわかりました。

クラチャイダムには元気な精子を作るような成分が含まれているそうです。

確かに精子が元気でないと、子どもができないという話はよく聞きます。

私たち夫婦も精子が元気がないのも原因の1つなのかもしれません。

そのため、クラチャイダムを積極的に夫が摂って精子を元気のよいものにしようということになりました。

不妊は女性に原因があると思われがちですが、男性の方にも原因があるので、女性は子宮の状態を良くすること、男性は元気な精子を作ること、こういった努力が実ることで赤ちゃんがやって来るんだと思います。

赤ちゃんはコウノトリが運んできてくれるものですが、裏にはこういった努力をする必要があるんだと思います。

積極的に夫はクラチャイダムを妊活のために毎日摂るようにしています。

動脈硬化と不妊の関連性

本当のことを言うとそれほど明確になっていませんが、ぜんそくを看過していけないのは、生命が終わることがある傷病であるからです。一年間に、約2000人の患者さんが、ぜんそくの発作で生命を落としていると公表されています。
膠原病については、あまたある病気を示す総称だそうです。病気ひとつひとつで、重症度であるとか治療方法も当然違ってくるのですが、原則として臓器の元となっている細胞の、不可解な免疫反応が影響を及ぼしているそうです。
全身のどこをとっても、異常はないのに、手・腕だけが膨らんでいるという人は、血管狭窄が引き起こす循環器系の異常、もしくはそれなりの炎症があると思います。
健康診断を受けて、動脈硬化を生じさせる要素が存在するのかを検証し、リスキーなファクターが見つかれば、一刻も早くライフサイクルを振り返り、治るように気を付けて下さい。
今のところは、膠原病は遺伝の心配がないと教えられましたし、遺伝を示すようなものも見つかっていません。だけど、元々膠原病に罹患しやすい人がいるのも間違いではないのです。
ALSについては、筋萎縮性側索硬化症のことを意味します。どうして罹ってしまうのかは明らかではありませんが、発症年齢からすれば、神経にまつわる組織の老化が影響を与えている可能性が少なくないと思われているようです。
鼻で呼吸ができなかったり、鼻の内部から何とも言えない臭いがするといった症状が発生する蓄膿症。本当を言うと、花粉症や風邪などが元凶となり発症する可能性のある、罹りやすい疾病だと聞いています。
予告もなしに足の親指などを含んだ関節が赤くなって、激しい痛みが現れる痛風は、男性の皆様が罹ることの多い病気だと聞きます。発作が起きると、少しの間歩くことも困難なほどの痛みが継続することになります。
心臓疾患内でも、動脈硬化のせいで起こる虚血性心疾患は、段々と増えてきており、その代表的存在の急性心筋梗塞は、約2割の人が死亡していると聞いています。
一昔前までは成人病とも称されていた糖尿病や高血圧などの既往症がありますと、そのことが引き金となり脳卒中に罹ってしまうこともあるらしいです。日本人の25%と発表されている肥満も一緒です。
人間の体は、体温が落ち込むと新しい細胞の誕生現象にブレーキがかかり、ウイルスをやっつける免疫力が格段に落ちてしまうのです。更には、夏と比較対照すると水分を補充するなどということもないため、体内の水分量も減ってしまうことが多々あります。
数多くの人が、疲れ目のような目のトラブルで頭を悩ませているそうです。その上スマホなどが普及することで、この傾向が今まで以上に強くなったと言えるのです。
個人個人の症状に応じた薬を、専門医が必要な容量と期間を見極めて処方することになるわけです。自分の思いで、量を減少させたり止めてしまったりせずに、全て飲むことが要されます。
くすりと言われているのは、病気の症状を抑えたり、その原因を取り去ることで、自然治癒力を援護します。加えて、疾病の蔓延対策などに使われることもあるそうです。
ガンという病気に関しては、全身のさまざまな細胞に生じる可能性があると考えられます。肺や大腸や胃といった内臓だけに限らず、血液や皮膚といった部分に発生するガンだって見られるのです。

脂質異常症と不妊の関連性

区分けがつかない咳であろうと、床に入っている時に何度も咳をする人、運動に頑張った後に突如として激しい咳に襲われる人、気温の低い家の外で咳が出て仕方がないという人は、重病に陥っているかもしれません。
糖尿病の範囲にはないが、正常値の範囲にもない血糖値状況を境界型と称します。境界型は糖尿病とは異なりますが、後々に糖尿病に陥る可能性がある状態なのです。
人の身体は、各自相違しますが、着実に老けていっていますし、身体的機能性も落ち込み、免疫力なども低下して、ずっと先にはそれ相応の病気に罹って死亡するということになります。
心臓などにとんでもない不安材料がないとしても、胸痛に襲われることがあり、胸痛は恐ろしいという不安から、なお一層症状が悪化することがあるそうです。
生活習慣病と言いますと、高血圧や循環器病などがあり、以前までは成人病と呼んでいました。偏食、アルコールの摂り過ぎなど、結局のところ日頃の生活スタイルが非常に関係していると断言して良いでしょう。
花粉症患者さん対象の薬等々に見られる抗ヒスタミン成分は、くしゃみや鼻水の鎮静化には役立ちますが、眠くなることが一般的です。こんな風に、薬には副作用と言われるものが必ず出ます。
対象のものが潰れて見えてしまう白内障もしくは加齢黄斑変性など、十中八九年齢の積み重ねが原因になる目の病気は多数あるようですが、女の人によく見られるのが甲状腺眼症だと言われました。
胃がんに罹患すると、みぞおち近辺に鈍痛が出ることが多いと言われています。概してがんは、早い段階では症状を自覚できないことが通例ですから、異常に気付けない人が少なくないのです。
脳卒中の時は、治療が完了して直ぐのリハビリが絶対不可欠です。いずれにしても早期にリハビリを始めることが、脳卒中を引き起こした後の回復を左右するのです。
かつてはアトピー性皮膚炎は、小さな子供に生じる疾病だと言われていたようですが、現在では、成人でも少なくありません。きちんとした治療とスキンケアに精進すれば、完治する病気だと思います。
蓄膿症の疑いがあるなら、一日でも早く医者に診てもらうことが大切だと思います。治療はそれ程手間が掛からないので、変わった色の鼻水が生じるなど、異常だと思った時は、躊躇なく医者に行きましょう。
少子高齢化に影響されて、現在でも介護にかかわる人が足りない日本におきまして、この先なお一層パーキンソン病患者が多くなっていくというのは、シビアな懸案事項になるでしょうね。
脂質異常症または糖尿病など、問題視されている「生活習慣病」は、30歳ぐらいからコツコツと注意していても、遺憾ながら加齢によって発症してしまう例だっていくらでもあります。
動脈は年齢に比例して老化し、段階的に弾力性もなくなるようで、硬くなってしまうというのが一般的です。すなわち、動脈硬化は老化現象だと想定されるのですが、その進展スピードは個人毎に決まっているのです。
咳やくしゃみを避けることができない場合は、手などでもって口と鼻を押さえることが大切です。水沫を極限まで拡散させない心配りが、感染の広がりを阻止します。礼儀を意識して、感染症の流行を防ぎたいものですね。

糖尿病治療と不妊

糖尿病と言えるような数字ではないが、正常値の範囲にも収まらない血糖値状況を境界型と言われています。境界型は糖尿病とは言えないのですが、いつの日か糖尿病と化してしまうことが想定される状況だということです。
立ちくらみというと、どうかすると、ぶっ倒れてしまう場合もあり得る深刻な症状だと言われます。時折襲われるというなら、重篤な疾病に罹患している可能性もありますから、医者で診てもらいましょう。
ウォーキングと言いますと、あらゆる筋肉であったり神経を鋭敏にする有酸素運動と呼ばれるものです。筋肉をパワーアップするのに加えて、柔らかくする作用もありますので、筋肉痛とは無縁になれます。
パーキンソン病に罹患したての頃に多く見受けられる症状が、手足の震えだと言われています。また、歩行不能とか発声障害などが現れることもあると言われています。
取り入れる薬が初めから擁している個性や、患者さんそのものの体質が影響して、適切に服用しても副作用が発生することが否定できません。それから、考えてもいない副作用に悩まされる事だってあるのです。
疲労と申しますと、痛みと発熱とをまとめて、人間の3大アラームなどと称されることもままあり、数々の病気で発生する病態です。そういう背景から、疲労感を伴う病気は、かなりの数になるそうです。
一口に心臓病と申しても、多種多様な病気があるそうなんですが、そんな状況下でここへ来て増加しているのが、動脈硬化が原因と目される「心筋梗塞」だと教えられました。
近頃は医療技術も進展して、とにかく早く治療をスタートすれば、腎臓自体の働きのパワーダウンを差し止めたり、緩やかにすることができるようになりました。
何処にでもある薬局などに行ってみると、腐るほどサプリメントが売られていますが、足りていない栄養分はその人ごとに違います。あなたは、自分に充足していない栄養を知っていらっしゃいますか?
痒みは皮膚の炎症などにより発生するものですが、心理的な部分も影響することが多々あり、そこにばかり目が行ったり落ち着かなくなったりすると痒みが激しさを増し、爪で引っ掻くと、増々痒いが取れなくなります。
年寄りに関して、骨折が重大なダメージと指摘されるわけというのは、骨折が原因で身体を使わない期間が発生してしまうことで、筋力が衰え、寝たきりの身体状態に見舞われてしまう危険性があるからなのです。
適した時間帯に、目をつぶっている状態であるのに、寝ることができず、この理由により、昼の間の生活の質が落ち込んでしまうという時に、不眠症だと宣告されます。
胸痛でのたうちまわっている人がいた時に一番大事な事は、速やかな動きに他なりません。直ちに救急車を要請し、AEDにより心肺蘇生法にチャレンジするように動きを取ってください。
筋肉の過緊張とか頭部の血管の拡張がありますと、頭痛がもたらされるようです。この他には健康状態、生活状況なども影響して頭痛に繋がることが多いですね。
動脈は年齢を重ねるごとに老化し、ゆっくりと弾力性もなくなり、硬くなることになります。すなわち、動脈硬化は老化現象だと想定されるのですが、その実情はそれぞれ異なります。

妊活中の糖尿病には要注意

少子高齢化が影響を及ぼして、今でも介護の仕事をする人が十分ではない日本において、今から一段とパーキンソン病患者が増大していくというのは、やばい事案になってくるでしょうね。
ご高齢の方から見た場合に、骨折が大ダメージと指摘されますのでは、骨折のせいで筋肉を動かさない日々が生じてしまうことで、筋力の低下がおき、寝たきりの身体状態に見舞われる可能性が高いからです。
立ちくらみと言ったら、下手をすると、意識を無くしてしまうケースも考えられる安心できない症状らしいです。時折見られるという場合は、ヤバイ病気に罹患している可能性もあるので注意してください。
「おくすり手帳」というと、個人個人が使用してきた薬を一元管理することを狙った「ノート」でございます。医療用医薬品は当然の事、街中で買った一般用医薬品の種類と、その摂取履歴などを記録しておくわけです。
糖尿病のレンジにはないが、正常値の範囲にもない血糖値状態を境界型と呼びます。境界型は糖尿病ではないとされますが、近い将来糖尿病と化してしまうリスクがある状況だということです。
人間の身体というものは、個々に異なっていますが、明らかに老化していきますし、身体的パワーも落ち、免疫力なども衰退して、その内に特定の病気に冒されて死亡するわけです。
睡眠障害に関しましては、睡眠にまつわる疾病全部を幅広く意味している医学的な言葉で、夜中の睡眠が妨げられるもの、明るい時間帯に瞼が重くなるものも含まれるのです。
自律神経失調症と言いますのは、生誕時から感受性豊かで、プレッシャーに弱い人が陥ってしまう病気だとのことです。多情多感で、なんてことない事でも気に掛けたりするタイプが多いです。
胸が苦しくなる症状のみならず、息切れが襲ってくることがあるとおっしゃるなら、「心不全」だと考えられます。大至急検査すべき病気の一種になります。
健康だと思っている方は、健康の大切さは理解できないかもしれないです。健康の大切さに関しては、病気に罹ってやっと自覚することができるのでしょう。健康でいられるというのは、特別にありがたいものですね。
今まではアトピー性皮膚炎は、子供が罹る疾病だと思われていましたが、現在では、子供以外の人にも増加傾向があるようです。的確な治療とスキンケアを行なうことで、完治できる病気なのです。
医療用医薬品と申しますと、規定された日数内に使い切ることが重要です。ドラッグストアなどで販売している医薬品は、包みに記載している使用期限を見てください。未開封だとすれば、大体使用期限は3~5年くらいだと想定されます。
高血圧だと診断されても、自覚症状があるという人は皆無に等しいです。そうは言っても、高血圧状態が持続することになると、負担が大きくなる血管であるとか臓器には、多様な合併症が出ることになるとのことです。
糖尿病の影響で高血糖体質が治らないという方は、早速適正な血糖コントロールを敢行することが重要です。血糖値が下がれば、糖も尿から検出されなくなります。
急に運動をしたという状況の中、筋肉に痛みが出る症状が、筋肉痛と呼ばれるものです。どうかすると、運動は当たり前として、普通に歩くことすら拒絶したくらいの痛みを感じてしまうことがあるのです。

「不妊様」と呼ばれないようにするために

私たち夫婦は結婚してもう何年にもなるのですが、子どもに恵まれませんでした。

年齢を重ねれば重ねるほど、焦る気持ちが強くなってきてしまったので、「不妊ではないか」と疑うようになりました。

自分で不妊かどうかなんて、自覚するかしないかで変わってくるんですよね。

自分が不妊化もと思えば不妊でしょうし、不妊ではなくただ子どもを作らないだけと思ったら不妊というものではないのだと思います。

子どもを欲しいと思って初めて自分が不妊だったということがわかる方が大半だと思います。

不妊かどうかなんて、素人ではわかりませんよね。

子どもを作るために行為をして、それでも子どもができなかったらそれで初めて「不妊かも」と思って、病院に行くことになるんだと思います。

私もそういったうちの1人でした。

自分がまさか不妊で悩むなんて夢にも思っていませんでした。

子どもが欲しいと思っていざという時に子どもができずに、病院に駆け込んだ部類の人間です。

しかし、私が住んでいるところの近くには不妊専門のクリニックというものはありません。

そこで、産婦人科に行って、不妊治療というか指導してもらうしか方法はありません。

産婦人科に行くと、妊婦の方もいるので、正直つらいんですよね。

妊婦の方を見るとうらやましくなってしまいます。

でもそれでひがんでいてはいけないと思います。

世の中には「不妊様」という言葉があるそうです。

不妊症で悩んでいる人を腫れものをさわるように扱うからだと思います。

私はそうは接してもらいたくないです。

普通の人と同じように接してもらいたいです。

なので、友人などに気を使ってもらわないためにも、自分が不妊で悩んでいるということは友人などに話をしていません。

そのため、やっぱりたまに「子どもはどうするの?」とか友人に聞かれてしまうことがあります。

女性と赤ちゃん

そういう時の返答ってとても困るんですよね。

まさか「不妊なの・・・」というと気まずい思いをすることになってしまうので、笑ってごまかすしかありません。

こういうところが不妊の人のつらいところですよね。

人に気をつかわせてしまうのは申し訳ないので、こういったことを聞かれた時に困るのが不妊のつらいところです。

不妊治療専門のクリニックに行くのがいいとはわかってはいるけれども

子どもは欲しいと思っても、すぐにできるものではないんですね。

子どもが欲しいと思うまでは、子どもが欲しいと思ったらすぐにできるものだと思っていたので、その事実に愕然としてしまいました。

幸せな家族

不妊かどうかは1年以上経っても子どもができない場合、不妊と定義づけられるそうです。

私たちはもう何年も経っているので、まさに「不妊」にあてはまると思います。

私たち夫婦が不妊とわかってからは、不妊に効くというものを色々と試してみました。

まず、毎日、基礎体温を測ります。

これが結構面倒なんですよね。

朝起きて動く前に体温を測らないといけないので、つい動いてしまったりして体温を測るのを忘れてしまうことがあるんですよね。

基礎体温の変化を毎日つけて、グラフにしています。

低温期と高温期があるので、基礎体温をつけていると、いつ頃が排卵日にあたるのかということがわかるようになります。

その排卵日にあたる前後に行為を行うのですが、それでもやはり子どもはできません。

排卵日に行為を行うのではなく、その前後がいいというのをネットか何かで見たので、前後を見計らって行為をするようにしています。

それでもやはりうまくいかないんですよね。

不妊治療をしなくてはいけないとは思っているのですが、住んでいるところが大島なので、不妊治療をすることができないでいます。

不妊治療というのは、病院に通う日が決まっていなくて、いきなり「明日病院に来てください」と言われてしまうような感じで、先が読めないものだということをネットで知りました。

不妊治療をしている人はやはりみなさん苦労されているようです。

私が住んでいるところには不妊治療専門のクリニックはありません。

なので、一応産婦人科にかかって、不妊のアドバイスはもらってはいるのですが、不妊治療専門のクリニックではないので、効果はどうなんだろうという感じです。

本当なら不妊治療専門のクリニックに通うのがいいとはわかってはいるのですが、それはできないので、自分でできることをするしかないと覚悟を決めています。

人には言えない不妊の悩み

最近、「不妊治療」という言葉をよく聞くようになったかと思います。

不妊治療がそれだけメジャーになってきたということですよね。

不妊で悩んでいる夫婦は想像以上に多いと思います。

不妊とは今までは2年経っても子どもができないことを示していたそうですが、最近では1年に期間が短くなっているようです。

結婚して生活がうまくいって、そろそろ子どもが欲しいと思っても、すぐに子どもができるものではないんだということを知ることになりました。

元気な夫婦

子どもって欲しいと思ってもできるものではないんですね。

ある意味、できちゃった結婚の人がうらやましいと思ってしまいます。

子どもが欲しいと思った時にできないというのは結構な悩みになってしまいます。

それまでは、子どもは欲しいと思ったら、すぐに簡単に子どもができるものだと思っていました。

でも、違ったんですね。

子どもは「子どもをじゃあ作ろう」といっても、すぐにできるものではないんですよね。

それを身をもって知ることになってしまいました。

私たちは結婚してもう数年経ちます。

結婚して最初のうちは2人で仲良く暮らしていましたが、結婚生活が落ち着いて、子どもが欲しいと思うようになりました。

でも、子どもはできませんでした。

何年も子どもができない状態なので、私たちも不妊というものに定義されると思います。

不妊の悩みって他の人に話せるようなものではないんですよねぇ。

とてもデリケートな話になってしまうので、親しい友達とかにも、私たちが不妊で悩んでいるということを話をすることはできません。

友達の中には子どもがいる人もいますので、そういった友達には余計に不妊の話はできないですよね。

だって、友達に気を使わせてしまいますもん。

友達に気を使わせないようにするためにも、私たち夫婦が不妊で悩んでいるということは内緒というか話をしていません。

たまに「子どもはどうするの?」とか聞かれると、その返答に困ってしまうんですよね。

笑ってその場をごまかすしかないんですよね。

結婚して何年も経つけど子どもがいないという夫婦は実は不妊で悩んでいるという場合もありますから、あまり「子どもはどうするの?」とか聞かない方がいいと思います。

もっともだから気を使って欲しいとまでは思っていませんけれどもね。