「不妊」タグアーカイブ

「不妊様」と呼ばれないようにするために

私たち夫婦は結婚してもう何年にもなるのですが、子どもに恵まれませんでした。

年齢を重ねれば重ねるほど、焦る気持ちが強くなってきてしまったので、「不妊ではないか」と疑うようになりました。

自分で不妊かどうかなんて、自覚するかしないかで変わってくるんですよね。

自分が不妊化もと思えば不妊でしょうし、不妊ではなくただ子どもを作らないだけと思ったら不妊というものではないのだと思います。

子どもを欲しいと思って初めて自分が不妊だったということがわかる方が大半だと思います。

不妊かどうかなんて、素人ではわかりませんよね。

子どもを作るために行為をして、それでも子どもができなかったらそれで初めて「不妊かも」と思って、病院に行くことになるんだと思います。

私もそういったうちの1人でした。

自分がまさか不妊で悩むなんて夢にも思っていませんでした。

子どもが欲しいと思っていざという時に子どもができずに、病院に駆け込んだ部類の人間です。

しかし、私が住んでいるところの近くには不妊専門のクリニックというものはありません。

そこで、産婦人科に行って、不妊治療というか指導してもらうしか方法はありません。

産婦人科に行くと、妊婦の方もいるので、正直つらいんですよね。

妊婦の方を見るとうらやましくなってしまいます。

でもそれでひがんでいてはいけないと思います。

世の中には「不妊様」という言葉があるそうです。

不妊症で悩んでいる人を腫れものをさわるように扱うからだと思います。

私はそうは接してもらいたくないです。

普通の人と同じように接してもらいたいです。

なので、友人などに気を使ってもらわないためにも、自分が不妊で悩んでいるということは友人などに話をしていません。

そのため、やっぱりたまに「子どもはどうするの?」とか友人に聞かれてしまうことがあります。

女性と赤ちゃん

そういう時の返答ってとても困るんですよね。

まさか「不妊なの・・・」というと気まずい思いをすることになってしまうので、笑ってごまかすしかありません。

こういうところが不妊の人のつらいところですよね。

人に気をつかわせてしまうのは申し訳ないので、こういったことを聞かれた時に困るのが不妊のつらいところです。

不妊の私はとにかく体を冷やさないようにする

子どもって欲しいと思ったらすぐにできるものだとずっと思っていました。

でも違ったんですね。

そう簡単にできるものではないんですね。

赤ちゃんを抱いた女性

努力しないと子どもはできないということを身をもって知ることになってしまいました。

簡単にできる人もいるかと思いますが、私たち夫婦はそうではありません。

いわゆる不妊です。

不妊ということがわかるまでは時間がかかりました。

自分で、自分たちが不妊だと認めたくないというのもあったからだと思います。

でも、自分たちが不妊なんだということを理解したら、少しは気が楽になりました。

だから、子どもができないんだと。

不妊だとわかった以上は、不妊治療を行うのが近道だと思います。

本当なら不妊治療専門のクリニックに通うのが1番の近道だと思うのですが、残念ながら私の住んでいる近くには不妊治療専門のクリニックはありません。

産婦人科に通って、不妊の指導を受けるぐらいしか方法はないんです。

そのため、どうしたら子どもができやすくなるかなど、ネットなどで色々調べました。

私たちと同じように悩んでいる方は多くいるようで、少しは安心できました。

でも、安心できたからといって子どもができるわけではありません。

それを実行しないと意味がありません。

不妊の大敵は冷えだそうです。

体を冷やしてはいけないそうです。

私は冷え性なので、これがもしかしたら原因なのかもしれません。

そこで、夏でも体が冷えないように、エアコンの設定温度を高めにしたり、お尻を冷やさないようにするために毛糸の下着を重ね着したりなどの工夫をすることにしました。

下半身が冷えるというのは不妊の原因につながるそうです。

女性は下半身を冷やしてはいけないということをよく聞きますが、それはそういった意味でもあったんですね。

もっと早くそういったことを意識していれば、下半身を冷やさないようにしたのにと反省するばかりです。

飲み物も夏など暑いからといって冷たい飲み物ばかり飲むのはいけないそうです。

夏でも温かい飲み物を飲んで、体を冷やさないようにする工夫が必要なようです。

とにかく体を冷やさないようにするために、暑い夏でもお風呂に入って湯船につかるようにしています。

体を冷やさないこと、これが不妊症の人には必要なことのようです。

不妊の私が自分でできることとは

結婚してもう何年にもなりますが、子どもに恵まれません。

夫婦生活は普通の人と変わりないと思います。

でも、子どもができません。

女性と赤ちゃん

もう何年も子どもができないので、不妊だと思います。

不妊というのは女性だけでなく、男性にも原因があることがあるんですよね。

だから女性のせいだと思うのはやめるようにしています。

私が1人で、私のせいで子どもができないと背負い込んでしまうのは、重圧がかかってしまって精神的にやられてしまうからです。

夫ともそういったことについてよく話をしました。

不妊の原因は、女性だけでなく男性にもあることがあるということをです。

何度か話をしたら、夫もネットなどで不妊について調べてくれるようになって、男性にも不妊の原因があるということをようやく理解してくれるようになりました。

最初は、やっぱり夫はそういうことは受け入れられなかったみたいです。

女性に不妊の原因があると考えていたタイプの人だったので、夫が自分で調べるようになるまでには結構時間が必要でした。

不妊治療というのは、女性だけでなく夫婦で行うものだと私は思います。

たぶん、その考え方で合っていると思います。

不妊治療を本格的にしたいと思ってはいるのですが、私の住んでいる近くには不妊治療専門のクリニックというものがありません。

そこで仕方なく、婦人科に通って指導を受けています。

いつ行為を行うかどうかなど、基礎体温をつけていて、指導を受けています。

いわゆるタイミング法というものにあたると思います。

このタイミング法というものを今まで何回も試してきたのですが、それでも子どもはできませんでした。

やはり私か夫に不妊の原因があるのではないかと思っています。

でも、不妊治療専門のクリニックではないので、それ以上の治療をすることはできません。

そこで、ネットなどに不妊の人がするといいと言われているようなことを色々試してみることにしました。

最近は便利ですよね。

ネットに色々な情報が載っているので、それを参考にできますもんね。

不妊治療専門のクリニックに頼らずに、子宝に恵まれたという人の情報はとても参考になります。

とにかく、自分たちで何とかするしかないんです。

 

不妊治療専門のクリニックに行くのがいいとはわかってはいるけれども

子どもは欲しいと思っても、すぐにできるものではないんですね。

子どもが欲しいと思うまでは、子どもが欲しいと思ったらすぐにできるものだと思っていたので、その事実に愕然としてしまいました。

幸せな家族

不妊かどうかは1年以上経っても子どもができない場合、不妊と定義づけられるそうです。

私たちはもう何年も経っているので、まさに「不妊」にあてはまると思います。

私たち夫婦が不妊とわかってからは、不妊に効くというものを色々と試してみました。

まず、毎日、基礎体温を測ります。

これが結構面倒なんですよね。

朝起きて動く前に体温を測らないといけないので、つい動いてしまったりして体温を測るのを忘れてしまうことがあるんですよね。

基礎体温の変化を毎日つけて、グラフにしています。

低温期と高温期があるので、基礎体温をつけていると、いつ頃が排卵日にあたるのかということがわかるようになります。

その排卵日にあたる前後に行為を行うのですが、それでもやはり子どもはできません。

排卵日に行為を行うのではなく、その前後がいいというのをネットか何かで見たので、前後を見計らって行為をするようにしています。

それでもやはりうまくいかないんですよね。

不妊治療をしなくてはいけないとは思っているのですが、住んでいるところが大島なので、不妊治療をすることができないでいます。

不妊治療というのは、病院に通う日が決まっていなくて、いきなり「明日病院に来てください」と言われてしまうような感じで、先が読めないものだということをネットで知りました。

不妊治療をしている人はやはりみなさん苦労されているようです。

私が住んでいるところには不妊治療専門のクリニックはありません。

なので、一応産婦人科にかかって、不妊のアドバイスはもらってはいるのですが、不妊治療専門のクリニックではないので、効果はどうなんだろうという感じです。

本当なら不妊治療専門のクリニックに通うのがいいとはわかってはいるのですが、それはできないので、自分でできることをするしかないと覚悟を決めています。